投資用にマンションなどを購入する場合の資産運用方法

信頼できるパートナー

不動産投資を行なうのであれば、不動産業者などの投資顧問を立てるべきである。
市場の動向について勉強しており、投資の経験がある人はこうした顧問を立てずに投資を行なっている人もいる。
しかし、他に仕事を行っている、または投資をしたことはあるが、不動産投資分野は初めてである、という人には助言者がいた方が心強い。
投資についての助言に関しては、法律で定められた資格を有している人がいる。
それが投資顧問なのである。

この投資顧問という職業が成立したのは、イギリスでは200年も前で、日本では1980年代と約30年前という最近のことである。
1970年代に高度経済成長を迎えた日本では、株式会社が次々と設立し、海外の大企業のように証券市場に上場する企業も増えていった。
この株式は投機家だけでなく一般の人も購入することができ、多くの人が出資してくれるため株式会社もどんどん成長していった。
こういった証券市場が活発になってきたために、一般の人や投資家に向けて、投資顧問会社が設立していったのである。

投資顧問会社の業務といえば、投資助言業務と投資を運用する業務である。
投資に関して助言を行なうことで、投資顧問は利益を得るのである。
株や不動産物件について豊富な知識を投資顧問は有しているため、的確な売買のアドバイスができる。
また、投資を一任され、それを運用していくことが投資運用業である。
株と不動産では市場の動向も異なっているので、分野の専門家を選んで運用を任せたり、助言を貰ったりするべきである。

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013